鞍馬の火祭り

  • 原唱:鏡五郎
字型

作詞:鈴木信子
作曲:四方章人
夜空に火を吐く
大松明(だいたいまつ)を
背負えば男が
弾(はじ)けて燃える
俺の故郷(ふるさと)
鞍馬の火祭り
「祭礼(さいれい)や最良(さいりょう)」
「祭礼(さいれい)や最良(さいりょう)」
掛け声篝火 舞い散る火の粉
おやじが担(かつ)いだ
甲斐性松(かいしょうまつ)を
今夜はこの俺 度胸で担ぐ
裸一貫 鞍馬の火祭り
「祭礼や最良」「祭礼や最良」
命火燃やして 男を焦がす
男は千両 金(きん)張り神輿
あの娘は手松(てまつ)で
足元照らす
夢をゆさぶれ 鞍馬の火祭り
「祭礼や最良」「祭礼や最良」
根性ひとつで 祭りを飾る


    • 原唱:鏡五郎
    字型

    作詞:鈴木信子
    作曲:四方章人
    夜空に火を吐く
    大松明(だいたいまつ)を
    背負えば男が
    弾(はじ)けて燃える
    俺の故郷(ふるさと)
    鞍馬の火祭り
    「祭礼(さいれい)や最良(さいりょう)」
    「祭礼(さいれい)や最良(さいりょう)」
    掛け声篝火 舞い散る火の粉
    おやじが担(かつ)いだ
    甲斐性松(かいしょうまつ)を
    今夜はこの俺 度胸で担ぐ
    裸一貫 鞍馬の火祭り
    「祭礼や最良」「祭礼や最良」
    命火燃やして 男を焦がす
    男は千両 金(きん)張り神輿
    あの娘は手松(てまつ)で
    足元照らす
    夢をゆさぶれ 鞍馬の火祭り
    「祭礼や最良」「祭礼や最良」
    根性ひとつで 祭りを飾る

      建立新的分類

      歌單編號

        錯誤回報


        前往登入會員
        掃CODE或分享這首歌給朋友