大忠臣蔵

  • 原唱:島津亜矢
字型

作詞:松井由利夫
作曲:村沢良介
かぜさそふ
はなよりもなほ
われはまた
ならぬ堪忍 耐えてこそ
武門の意地も 立瀬川
今はこれまで この一太刀を
吉良殿お受け 候えや
吾れ桜木の 花と散る
殿中にての刃傷沙汰は
罪萬死に値すること
この内匠頭
重々承知いたしております
さりながら積もる遺恨の数々…
浅野家五万三千石
所領も捨て家臣を捨てての
覚悟の所業でござる
梶川殿…武士の情けじゃ
この手を離しくだされ
今ひと太刀…今ひと太刀
上野介を討たせてくだされ…梶川殿
忠に生きるは 武士の道
命を盾の 槍ぶすま
敵を欺く 言挙げならば
瑤泉院さま 許されよ
雪ふりしきる 南部坂
われら幡州赤穂の浪士
大石内蔵助以下
四十七名の者どもでござる
この言挙げは私怨に非ず
天下の御政道の是非を正すためなり
おのおの方
かまえてその旨を心にしかと刻まれい
忠左衛門どの…吉良殿の所在は未だつかめぬか
源五…東の空も白んでくるわ
くまなく探せ
われらの命運はあと半刻ぞ…
天よ地よ神よ仏よ
慈悲あらばわれらが本懐を遂げさせたまえ
“吉良殿…見つかり申した…”
あれは山鹿の 陣太鼓
一打ち 二打ち 三流れ
一期一会は この世のならい
粒々辛苦 血の涙
暁染める 松坂町


      • 原唱:島津亜矢
      字型

      作詞:松井由利夫
      作曲:村沢良介
      かぜさそふ
      はなよりもなほ
      われはまた
      ならぬ堪忍 耐えてこそ
      武門の意地も 立瀬川
      今はこれまで この一太刀を
      吉良殿お受け 候えや
      吾れ桜木の 花と散る
      殿中にての刃傷沙汰は
      罪萬死に値すること
      この内匠頭
      重々承知いたしております
      さりながら積もる遺恨の数々…
      浅野家五万三千石
      所領も捨て家臣を捨てての
      覚悟の所業でござる
      梶川殿…武士の情けじゃ
      この手を離しくだされ
      今ひと太刀…今ひと太刀
      上野介を討たせてくだされ…梶川殿
      忠に生きるは 武士の道
      命を盾の 槍ぶすま
      敵を欺く 言挙げならば
      瑤泉院さま 許されよ
      雪ふりしきる 南部坂
      われら幡州赤穂の浪士
      大石内蔵助以下
      四十七名の者どもでござる
      この言挙げは私怨に非ず
      天下の御政道の是非を正すためなり
      おのおの方
      かまえてその旨を心にしかと刻まれい
      忠左衛門どの…吉良殿の所在は未だつかめぬか
      源五…東の空も白んでくるわ
      くまなく探せ
      われらの命運はあと半刻ぞ…
      天よ地よ神よ仏よ
      慈悲あらばわれらが本懐を遂げさせたまえ
      “吉良殿…見つかり申した…”
      あれは山鹿の 陣太鼓
      一打ち 二打ち 三流れ
      一期一会は この世のならい
      粒々辛苦 血の涙
      暁染める 松坂町

        建立新的分類

        歌單編號

          錯誤回報


          前往登入會員
          掃CODE或分享這首歌給朋友