惚れさせ上手

  • 原唱:森 昌子
字型

作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童

神も仏も居ないと言う人が
お前は俺の観音様と呼ぶ
嬉しがらせて どうする気
逆に疑心暗鬼 不安になるわ
心に咲かす 花一輪
言わずもがなの
紅椿(べにつばき)
惚れさせ上手な あなただから
その手の科白(せりふ)は
けじめつけてからにしてよと
啖呵(たんか)切りたい
何が因果でこんなに苦労する
寝顔見つめて膝枕で吐息
人にトコトン 尽くすのが
習い性になった 女だけれど
凍(い)てつく風に 花一輪
寒さこらえて
寒椿(かんつばき)
あなたのためなら 死んでもいい
最後の恋だわ
嘘も方便なんて無しよと
拗(す)ねてもみせる
惚れさせ上手な あなただから
その手の科白は
けじめつけてからにしてよと
啖呵切りたい


    • 原唱:森 昌子
    字型

    作詞:阿木燿子
    作曲:宇崎竜童

    神も仏も居ないと言う人が
    お前は俺の観音様と呼ぶ
    嬉しがらせて どうする気
    逆に疑心暗鬼 不安になるわ
    心に咲かす 花一輪
    言わずもがなの
    紅椿(べにつばき)
    惚れさせ上手な あなただから
    その手の科白(せりふ)は
    けじめつけてからにしてよと
    啖呵(たんか)切りたい
    何が因果でこんなに苦労する
    寝顔見つめて膝枕で吐息
    人にトコトン 尽くすのが
    習い性になった 女だけれど
    凍(い)てつく風に 花一輪
    寒さこらえて
    寒椿(かんつばき)
    あなたのためなら 死んでもいい
    最後の恋だわ
    嘘も方便なんて無しよと
    拗(す)ねてもみせる
    惚れさせ上手な あなただから
    その手の科白は
    けじめつけてからにしてよと
    啖呵切りたい

      建立新的分類

      歌單編號

        錯誤回報


        前往登入會員
        掃CODE或分享這首歌給朋友