北の哀歌

  • 原唱:奥山えいじ
字型

作詞:槙桜子
作曲:徳久広司

身の丈ちかく 雪が降る
故郷は 線路(みち)の果て
九年(くねん)数えた
都会(まち)の暮らしに
別れを告げるベルが鳴る
後ろ髪引く 思い出ならば
胸のすき間に埋めりゃいいさ
軋(きし)む明日に 身をゆだね
北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車
失くしたものは 青き夢
やるせない 恋ひとつ
涙浮かべた 白い横顔
俺には出来(すぎ)た女(ひと)だった
詫びて飲み干す カップの酒に
浮かぶ面影…ほろ苦いよ
きつく唇 かみしめて
北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車
春の芽吹きは まだ遠く
故郷は 雪だろう
昔の俺を 窓に映して
上り列車がすれ違う
老いた親父(おやじ)と
妹ふたり
早朝(あさ)のホームで待(ま)っているよ
土産ものなど 無いけれど
北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車


    • 原唱:奥山えいじ
    字型

    作詞:槙桜子
    作曲:徳久広司

    身の丈ちかく 雪が降る
    故郷は 線路(みち)の果て
    九年(くねん)数えた
    都会(まち)の暮らしに
    別れを告げるベルが鳴る
    後ろ髪引く 思い出ならば
    胸のすき間に埋めりゃいいさ
    軋(きし)む明日に 身をゆだね
    北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車
    失くしたものは 青き夢
    やるせない 恋ひとつ
    涙浮かべた 白い横顔
    俺には出来(すぎ)た女(ひと)だった
    詫びて飲み干す カップの酒に
    浮かぶ面影…ほろ苦いよ
    きつく唇 かみしめて
    北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車
    春の芽吹きは まだ遠く
    故郷は 雪だろう
    昔の俺を 窓に映して
    上り列車がすれ違う
    老いた親父(おやじ)と
    妹ふたり
    早朝(あさ)のホームで待(ま)っているよ
    土産ものなど 無いけれど
    北へ北へ、北へ北へ…揺られる夜汽車

      建立新的分類

      歌單編號

        錯誤回報


        前往登入會員
        掃CODE或分享這首歌給朋友