江差戀しや

字型

(懷念江差) 1956年12月(昭和31年)
原唱:三橋美智也(みはしみちや)
作詞:高橋掬太郎(たかはしきくたろう)
作曲:飯田三郎(いださぶろう)

(一)
江差戀(えさしこい)しや
別(わか)れて三月(みつき)~(懷念的江差,離別已經三個月了)
夢(ゆめ)もあの娘(こ)の
ことばかり~(那位姑娘也常在夢裡出現)
沖(おき)の
鴎(かもめ)の
啼(な)く聲聞(こえき)けば~(如果聽見海上的海鷗啼叫聲)
逢(あ)えぬつらさが
エー身(み)にしみる~(不能相見的痛若,耶~深深滲入全身)
(二)
影(かげ)は 臉(まぶた)に 思(おも)いは 胸(むね)に~(妳的身影浮現於眼底,思念在於心中)
ひとリはるばる
波(なみ)の上(うえ) ~(獨自千里迢迢於波浪之上)
月(つき)が
傾(かたむ)く
高島忍路(たかしまおしょろ)~(月亮傾斜向於高島和忍路)
せめて
聞(き)きたや
エー風(かぜ)だより~(至少想聽到,耶~妳的一些消息)
(三)
飛(と)んで
行(ゆ)きたい
心(こころ)はあれど~(雖然心裡有想飛越過去找妳)
船頭(せんどう)する身(み)は
船(ふね)まかせ~(但身為船員,只能跟隨船的走向)
無事(むじ)でいるかと
鴎(かもめ)に問(と)えば~(若向海鷗探詢妳是否平安無事)
泣(な)いて いるような エー聲(こえ) がする~(彷彿聽見似有哭泣的樣子,耶~有這樣的聲音)


      字型

      (懷念江差) 1956年12月(昭和31年)
      原唱:三橋美智也(みはしみちや)
      作詞:高橋掬太郎(たかはしきくたろう)
      作曲:飯田三郎(いださぶろう)

      (一)
      江差戀(えさしこい)しや
      別(わか)れて三月(みつき)~(懷念的江差,離別已經三個月了)
      夢(ゆめ)もあの娘(こ)の
      ことばかり~(那位姑娘也常在夢裡出現)
      沖(おき)の
      鴎(かもめ)の
      啼(な)く聲聞(こえき)けば~(如果聽見海上的海鷗啼叫聲)
      逢(あ)えぬつらさが
      エー身(み)にしみる~(不能相見的痛若,耶~深深滲入全身)
      (二)
      影(かげ)は 臉(まぶた)に 思(おも)いは 胸(むね)に~(妳的身影浮現於眼底,思念在於心中)
      ひとリはるばる
      波(なみ)の上(うえ) ~(獨自千里迢迢於波浪之上)
      月(つき)が
      傾(かたむ)く
      高島忍路(たかしまおしょろ)~(月亮傾斜向於高島和忍路)
      せめて
      聞(き)きたや
      エー風(かぜ)だより~(至少想聽到,耶~妳的一些消息)
      (三)
      飛(と)んで
      行(ゆ)きたい
      心(こころ)はあれど~(雖然心裡有想飛越過去找妳)
      船頭(せんどう)する身(み)は
      船(ふね)まかせ~(但身為船員,只能跟隨船的走向)
      無事(むじ)でいるかと
      鴎(かもめ)に問(と)えば~(若向海鷗探詢妳是否平安無事)
      泣(な)いて いるような エー聲(こえ) がする~(彷彿聽見似有哭泣的樣子,耶~有這樣的聲音)

        建立新的分類

        歌單編號

          錯誤回報


          前往登入會員
          掃CODE或分享這首歌給朋友